心と体 スピリットのエネルギー療法院 パナケイア

エネルギー療法・ヒーリングのことなど…2名のプラクティショナーが書いています。

期間限定オンラインセッション45

f:id:hygieia:20200509150350j:plain

新型コロナウィルス、未だに収束の兆しが見えませんが、自分でできる対策として、手洗いなどの衛生はもちろん、健康の維持管理は大切ですね。

免疫力を高めることは、いろいろなところで目にしますが、首相官邸HP・新型コロナウィルス感染症に備えてにも、■新型コロナウィルスに感染しないようにするために では、普段の健康管理があげられており、「普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。」と記載されています。(2020年5月)

 

免疫機能はチャクラでいうと、第2チャクラとの関係が深く、リンパ腺や脾臓、腸(腸には免疫器官であるパイエル板があります)などがそれにあたります。

健康の維持管理に必要な体力(生命力)は肉体の領域、第1チャクラです。第1チャクラは骨髄との関係が深く、骨髄は血液細胞(白血球、赤血球、血小板、リンパ球)がつくられるところです。

新型コロナウィルスについての情報や、長引く行動制限などで、あれこれと思い考えている人は多いと思います。思考は第3チャクラの領域で、副腎や脾臓、消化器系などの臓器と関係しています。

 

第1チャクラ〜第3チャクラのエネルギーバランスを整えることが、この時期には特に大切なようです。

生命力の第1チャクラ、免疫系の第2チャクラ、思考の第3チャクラ。チャクラはエネルギーの出入り口なので、チャクラのバランスを整えチャージすることで、体力・免疫機能の高まりと、明晰な思考を支えるサポートとなります。

 

世界的流行となった新型コロナ感染症は、わたしたちの無意識のレベルにも影響を与えていると思われます。普段以上に、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきたいですね。

第1チャクラ〜第3チャクラは土台となるチャクラなので、エネルギーバランスが整うことで自身の中心に戻りやすくなり、肉体面のみならず、感情面、精神面の安定のサポートにもつながります。

 

上記の内容を中心としたヒーリングセッションをオンライン(遠隔ヒーリング)で提供します。

初めての方、海外にお住まいの方にも受けていただけます。

遠隔ヒーリングは対面のヒーリングと、おこなう作業に変わりはありません。

エネルギーの感じ方には個人差がありますが、対面ヒーリングよりもエネルギーを感じやすいという感想をいただくこともあります。

ヒーリング後のエネルギーは、約48時間でエネルギーフィールドに統合されますので、その期間はご自身の体に意識を向けていただくことをお勧めしています。

 

オンラインセッションの詳細、ご予約は、下記リンクのパナケイアHPをご覧ください。

新型コロナウィルス感染症の一日も早い収束と、お一人おひとりの健康を願い、期間限定で提供いたします。

*医療・介護従事者の方は、割引料金にて提供させていただきます。

パナケイアで提供するエネルギー療法は、医療行為ではありません。病気症状のある方は、医療機関での診断や治療を受けたうえで、補完的サポートとしてお考えください。 

 

www.panakeia-h.com

 

www.panakeia-h.com

 

 

MRI 検査後のハンズオンヒーリング

f:id:hygieia:20200224120552j:plain

昨年のことですが、脚を痛めた時に MRI 検査を受けました。その時の検査の様子と、検査後の体の状態・水素吸入によるケアのことなどは、ヒュゲイアのブログ「MRI 体験と水素吸入」に書いています。

こちらのブログでは、その後に受けたハンズオンヒーリングについて書きたいと思います。

 

MRI 検査後は早々に帰宅して、すぐにシャワーを浴び、水素吸入をして軽い仮眠をとるなどのケアをおこなったので、検査直後のぐったりした状態からはだいぶ戻すことができました。

けれども何となく、まだ体のどこかに影響が残っている感覚があり、体に症状として現れていたわけではありませんが、さらにケアが必要と感じ、翌日、プラクティショナーの宮代からハンズオンヒーリングを受けることにしました。

ハンズオンヒーリングは、オーラフィールド(生命エネルギーフィールド)を通して、体(心身)に働きかける療法ですが、オーラフィールドには、体に症状として現れるより先に、バランスの乱れとして現れますので、オーラフィールドのバランスを整えることで、未然の段階の体に働きかけることができます。

 

以下は、ヒーリングを受けている時と、受けた直後に感じたことと変化です。

ヒーリングが始まりしばらくして、脚の鈍痛が和らいでいくのを感じました。

その後、今までに感じたことのない電気的なものを全身に感じました。

電気的なものは、これまで受けたヒーリングでも感じたことはあるのですが、それとは異なる類いの感覚だったので、MRI 検査で受けたものかもしれないと思いました。

しばらくすると、その感覚はなくなりました。

患部の脚は同じ体勢でいると固まってしまい、脚を動かすのに時間がかかっていたのですが、ヒーリング後にはその動作がスムースになり、痛みもだいぶ和らいでいました。

そして終わった時には、全身のオーラフィールドがきれいにクリアになったことを感じました。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私たちは体をケアするサポートとして、またヒーリング技術の確認のために、ヒーリングの交換をしているのですが、その際に検証を兼ねて、エネルギーの状態を伝え合うことがあります。

今回のヒーリングでは、受けた私は、「今までに感じたことのない類いの電気的なもの」を感じ、ヒーリングをおこなった宮代も、「今までにないエネルギーの状態を感じた」ということでした。

ヒーリングを受けた側と、おこなった側の双方が、MRI 検査後という普段とは違う体の状態のヒーリングで、「今までとは異なるものを感じた」ことは興味深いことと思いましたので、一つの例として、ヒーリングをおこなった宮代が感じたことも記載します。

※通常のセッションでは、プラクティショナー側が感じたクライアントの方のエネルギー状態などをお伝えすることはありません。

 

ヒーリングをおこなった宮代の感想。

ヒーリングのスタート時には、オーラフィールドから全身の状態を確認させていただきますが、今回の田中の状態は、珍しく緊張状態が強いような、硬さがほぐれていないような印象を受けました。

ヒーリングを終え、再度確認した際には、田中が本来持っているしなやかな状態が戻ってきていることを感じ取ることができました。

キレーションを行っている間、右足から左足に移った際、キーーーーーーンというやや高いそして強い音が、しばらくの間ずっと背後で聞こえていました。

これまでの田中との交換ヒーリングなどでは経験したことのない音でしたので、一瞬「なんだろう?」と思ったのですが、瞬時にMRIを受けていたことを思い出しました。

また同時に、ヒーリングをしているこちら側のグラウンディング力を高める必要性も感じたので、意識をしてグラウンディング力を更に高めて、キレーションを続けました。

*ここで言うグラウンディング力とは.....

クライアントの体にとって癒しとなるような、肉体を支えるのに必要なエネルギーをラクティショナーが大地から吸収する力を指しています。

この大地から吸収したエネルギーを、ヒーリングを通してプラクティショナー⇒クライアントに送り届けています。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

キレーションとは、オーラフィールド(生命エネルギーフィールド)を充電したり、きれいにする手法で、オーラのバランスをとることが目的です。ハンズオンヒーリングは、キレーションをベースに全身のエネルギーのバランスを整え、さらに状態にあわせて特定の箇所に作業をおこないます。

今回の検査で脚は炎症と診断され、その補完的なケアのサポートととして、その後にも集中して数回のハンズオンヒーリングを受けました。

脚の炎症と、痛みからくる疲労MRI 検査のストレスで、基本的なエネルギーが落ちていた体に、ヒーリングで必要なエネルギーが充分に補給されて、脚の不調も速やかに回復に向かうことができました。

体の不調時には早めに、なるべく間隔を詰めて複数回のハンズオンヒーリングを受けることが、エネルギーレベルを上げるサポートになります。

(田中)

 

www.panakeia-h.com

 

アルケミープラクティス フィードバック 2

f:id:hygieia:20191002145453j:plain

アルケミープラクティス7回シリーズセッションを受けられた方のフィードバックをご紹介します。

アルケミープラクティスは、ヒーリング中や、セッション後の気づきや経験について、フィードバックをいただきながら進めていくセッションです。

クライアントの方から、シリーズ期間中にいただいた文章のプライバシーに関わる箇所を除いて、掲載させていただいています。

※一部、日付や名称などは、□□ に替えさせていただきました。

 

クライアントの方は、アルケミープラクティスを受ける以前に、複数回のヒーリングセッションを受けられ、また、ヒーリングのほかにも、ご自身の内面への取り組みをされています。

セッションを通しての気づきや経験は、個人的でとても大切なものですが、ブログへの掲載をご了承いただきましたことを感謝申し上げます。 

 

********

 

クライアント B 様 ーーー遠隔セッション

 

第1チャクラ

<セッション時について>

初めに足元あたりから、エネルギーが流れてくる感じがありました。

その後、胃や子宮あたりや、首の左側にエネルギーを感じたりしていました。

いつの間にか、うとうととしていて、次に意識が戻った時には

最初とは違い、もっとパワフルなエネルギーの感覚が

骨盤、足の付け根あたりに感じられ、すごくチャージされる感じがありました。

(第1チャクラをやっていただいているのかな?と思っていました。)

暫くすると、そのエネルギーが、第2、第3、第4チャクラあたりまであがってくる感じがあり

また、先程と同じように、骨盤、足の付け根あたりにエネルギーが感じられる・・・という風に

何度か繰り返し似たような感覚を感じていました。

 

<セッション後>

セッション後、立ちあがった時に

エネルギーがチャージされ元気になり、身体を動かしたい気分になったので

ダンスをするような感じで、腰をフリフリしてしまいました。

その日は、午後仕事に行く日だったのですが、身体を動かしたかったので

仕事へ行く前に、近所の110段の階段を一往復してから

仕事へ向かいました。途中の駅の階段なども、駆け上がる感じでした。

 

道を歩いている時に、普段より、

より地に足がついている感覚が増しているように感じました。

いつも歩いている時に、昔からの癖で

上半身が少し前に傾いているのですが

(速足なのですが、さらに気持ちが急いでいる感じでしょうか)

その日は、少し背中を意識して緩めてみようという気になり、そうしてみると

ガラスに移る自分の姿勢がまっすぐになり

このほうが綺麗だな、と思ったりしていました。

エネルギーがチャージされたので、走ったり、急いだりは体力的に軽くできるのですが 

何故か、反対にゆったりと構えている自分がいました。

不思議なのですが、ゆったり歩いたり、ゆったりした心持ちでいるのに

実際にかかっている時間はあまり変わりがなかったり

必要なことは全て時間内に行うことができました。

 

仕事前に、図書館に寄る用事があったのですが

予約していた本以外に、論理力をトレーニングする本、触覚の本など

いつも目につかない本のタイトルが目に入ってくる感じがしたので、借りました。

 

仕事からの帰り道、夜道でしたが草や木に目が行きました。

私は、花や木々が好きなので、目が行くのはいつも通りなのですが

地面から垂直に伸びるフォームを持つ草などが目につきました。

これは普段ない感覚です。

小さな草であっても、上に伸びる形を持つ植物の質感が

きわだって目と触覚に入ってくる感じがあり

そのリアルな感じが、これまで体験したことがないなーと思っていました。

当日の様子は、以上です。

 

それ以降、ものすごく困ることはありません。

身体を動かしたい気持ちにはなり、ほんの少しずつですが実行しています。

それから、第1チャクラのチャージがしやすくなったように感じています。

また、第1チャクラが、生き物のように感じられるといいますか

弾力性のある手触りがするように感じています。

それは、私にとっては、嬉しいことです。

 

さらに数日後にいただいたメール

それから、このところ見る夢は、赤色に関するものがよく出てきます。
面白いですね。

 

 

第2チャクラ

<セッション中>

横になると、エネルギーが伝わってきて

腹部のあたりに強くエネルギーを感じました。

割とすぐに、ある感覚が出てきました。

 

それは、過去、もしくは過去生の(よくない)出来事の

光景は思い出せないものの、そのエネルギーの感覚がよみがえってくるような

そんな感覚でした。

 

「少し怖い」と感じる感情とともに、胃、胸、背筋にゾクゾク・ぞわぞわとした感覚が湧きあがって

それを感じたままでいようと思っているうちに、いつの間にか、寝てしまっていました。 

 

セッション途中で目が覚めた時に、腹部のあたりにエネルギーの感覚を感じたので

第2チャクラにとりかかっていただいているのかな?と思いました。

その最中でも、うとうとしてしまい、おそらくセッションが終わる少し前に目が覚めたように思います。

 

ピンとチャクラが立つ?感覚があり、そのあと

自分のオーラがチャックで閉じられていくような感じがあり

セッションが終わったのかなと思いました。

 

<セッション後>

なにかわからないけど、スッキリした感じがありました。

 

セッションを受けた日は、ゆっくり家で過ごしたのですが

ふと、「丁寧に生きたい」と思いました、

自分に対しても、丁寧に身体に触れ、丁寧に扱う。

食事の用意をする時も、丁寧に心をこめて用意をして、いただく。

知り合いで、そのように生きている人がいて、その人の生き方がいいなとは思ってはいたものの

私はそういう感じではないな、と思っていたのですが

「丁寧に、生きたい」と、ふと思いました。

それは、自分を愛したい、大切にしたい、という思いだと思います。

(*今日は□□日ですが、セッション後、□□□□に出かけ、そちらに集中しているうちに、この「丁寧に生きたい」という思いは消えてしまった感じがあります。ただ、自分を大事にしたいという感覚は自然な形であって、これまでは、つい自分の身体がしんどいのを押して、人に対して何かをする、というところもあったのですが、自分の時間のほうを優先しようと、罪悪感もなしに思い、そのように行動したりしています。)

 

 <セッション翌日>

仕事に出かける時に、少しだけいつもと違う道を通ると、柿がたくさんなっている木に出会いました。

「こんなところに、柿の木ってあったっけ?気付かなかった・・・」と感じ

「柿がすごく沢山なっているなー」と思った瞬間に、柿ってオレンジだ、と思いました。

偶然かもしれませんが。。

 

 

第3チャクラ

<セッション中>

足元~胃のあたりが反応する感じがありました。

オーラに触れられている感じがあり、

そのあと、軽いめまいのような感じがあり

だんだん意識が遠のいていく感じになりました。

 

途中で目が覚めたときに

右足元にエネルギーの感覚がありました、

 

そのあと、第3チャクラあたりに感覚があり

(第1、第2チャクラの施術で感じたような、はっきりとした感覚ではなく)

胃の辺りで何となく、何かが行われている感じでした。

 

自分の体感として(ですので、全然違うかもしれませんが)

構造レベルでのヒーリングと

感情レベルでのヒーリングの時に

違いが感じられました。

 

構造レベルでは、形が作られていくような感じで

偶数レベルでは、水が満たされていく感じとか

光が満たされていく感じとか、を感じていました。

 

最後に仕上げ?みたいな時間があって

終わったのかな?と感じたのですが

これまでのように、パッと目が覚める感じに切り替わるのではなく

しばらく、余韻が続いていて、起き上がるまでに少し時間がかかりました。

(ただ、今回は施術時間帯が夜でしたので、その違いかもしれません。)

 

<セッション後>

少しすっきりした感じがありました。でも、第2チャクラのところで感じた

すっきりさとは異なり、言葉に表すなら、「明晰になった」という感じです。

 

余韻を感じながら、横になっていると

いくつか思い出したことがありました。

 

 

第4チャクラ

<セッション中>

これまで3回のセッションと比べて

少し異なる感じでした。

 

セッションが始まってすぐに

腹部(胃のあたり~胸にかけて)あたりにエネルギーを感じ

微量に左足にエネルギーを感じていましたが

身体自体の反応が少なかったり

割とすぐに、うとうとして眠ってしまい

途中で目が覚めた後に、おそらくはチャクラに取りかかっていただいていたのかとは思うのですが

そこでも寝てしまい、次に目が覚めたのは、セッションが終わりの頃だったと思います。 

 

これまでのチャクラのセッションでは

割と体感がハッキリしていたので

それとは少し異なる感じだな、と思いました。

それは、第4チャクラだからかなー?と思ったりしていました。

セッションが終わって、すぐに起き上がることが出来

昼食の用意に取りかかりました。

 

<セッション後、当日>

これまでのように色々感じることもなく

いつもと変わらず自然な感じで、過ごしていました。

*思い出したのですが、最近、流れに任せるというように少しなってきたような気がします。

コントロールしたいところがあったのですが、(もちろん、まだ残っていますが)

いい意味での諦め?がつくようになったというか、任せてみようという風に思うことが増えてきています。

 

 

第5チャクラ

<セッション中>

横になると、胃のあたりと胸のあたりにエネルギーを感じました。

それを感じながら、色々なことが頭に浮かんできていました。

内容は、電話でお話したことや尋ねられたことに関係することだったと思うのですが

忘れてしまいました。

割とすぐにウトウトとしてしまったと思います。

セッション終わりで目が覚めたように思います。

 

<セッション後>

3日後

昔から知っている自然のある公園に行き、木に挨拶をして

その帰り道のことなのですが、ある想い出があり

感情が短い時間なのですが、ワッと湧きあがることがありました。

 

 

第6チャクラ

<セッション中>

今回は、なんとなく首から下の、身体全体的にエネルギーを感じていました。

色々なことが頭をめぐっていましたが、それが終わると

喉をやっていただいているのかな?と思った時がありました。

で、その時に、なぜか第2チャクラ(自分の感情)と関係しているような感じがしていました。

うっすらと涙のようなものも目の表面に出ていました。

何かを思い出した、とかではないのですが。。

その後、少し眠っていたようです。

 

次にパチッと目が覚めた後で、頭の額ではなく

前頭葉の上のあたりにエネルギーを感じていました。

それが終わったあたりで、起きました。

 

 

第7チャクラ統合

<セッション中>

追加で第1、2,3を、、とお願いしたからかどうかはわかりませんが

エネルギーがつながってすぐに

体感としてわかりやすいエネルギーが、足元から入ってくるように感じられました。

足元から順にエネルギーで満たされていくような感じで、

それが段々上のほうまでくるのを感じていました。

胃のあたりまで感じていたのですが、その後は、寝ていたようです。

 

途中目が覚めた後

色々なヴィジョンをみていました。

例えば、色々なもの(世界)と1つになっているような幸福感であったり

遠くでなっている海鳴りを聴いている感じがあったり(とても細かい振動と共に)

船に揺られている感じであったり・・・

それらが1分位の時間ずつ、次のヴィジョンがやってくるような感じでした。

 

最後のほうでは、ちょっと寒かったからかもしれませんが

震えのようなものを感じていました。

最後に、ソックスを履かされたような感じで

身体の外(肉体から離れたところ)に枠ができた感じがして

終了したように思いました。

 

<セッション後>

追加の調整をしていただいて

チャクラのバランスが取れたように感じています。 

 

********

 

 (田中)

 

対面セッションのフィードバック

panakeia.hatenablog.com

 

アルケミープラクティス詳細ページ

www.panakeia-h.com

アルケミープラクティス フィードバック 1

f:id:hygieia:20191002140305j:plain

アルケミープラクティス7回シリーズセッションを受けられた方のフィードバックをご紹介します。

アルケミープラクティスは、ヒーリング中や、セッション後の気づきや経験について、フィードバックをいただきながら進めていくセッションです。

クライアントの方から、シリーズ期間中にいただいた文章のプライバシーに関わる箇所を除いて、掲載させていただいています。

※一部、日付や名称などは、□□ に替えさせていただきました。

 

クライアントの方は、アルケミープラクティスを受ける以前に、複数回のヒーリングセッションを受けられ、また、ヒーリングのほかにも、ご自身の内面への取り組みをされています。

セッションを通しての気づきや経験は、個人的でとても大切なものですが、ブログへの掲載をご了承いただきましたことを感謝申し上げます。

 

********

 

クライアント A 様 ーーー対面セッション

 

第1チャクラ
キレーションで第6チャクラの時に、声!? が聞こえた。単語で3回。

今回は人が大勢のぞきこんでいるような感じがしました。

寝たり起きたりしていました。

すごくパワフルでした。

視界が明るくなりました。

 

最寄り駅から自宅までの道のりが遠く感じられ、帰宅したときにはヘロヘロな感じでした。

ぐっすり眠った感じで目をさましたらまだ一時で、そのあとはギンギンでしたがまたいつの間にか、眠っていました。

 

翌日は外せない用がありましたが、一日中ハイテンションでしたが夜はぐったりでした。

肩の痛みがとれたのと胃がスッキリとしています。

今まで気づかなかったことに気がついたりしています。

セッションから今日まで怒涛のように過ぎ去りました。

 

 

第2チャクラ

受けているときは、ほとんどイビキをかきながら眠っていました。

時々、フッと目が覚めますが一瞬だけでまた眠ってました。

ただただ心地よさに身を委ねていました。

委ねられている自分が嬉しいと思いながら。

 

帰りの車中では、目がはっきりと見えて世の中明るいなぁ~と思いながら、ひたすら心地よさを感じていました。

帰宅後は、今までは疲れて横になって眠っていましたが、今回は心身が軽くて清々しく気持ちよいです。

 

2日の朝方に印象的な夢をみました。

自身とは真逆な考え方の人からあたたかい気遣いをもらい、理解、歩み寄りを拒み忘れていた自身に気が付いた夢でした。

 

続き

日中、眠くて寝てばかりいます。

以前は緊張で直ぐに目が覚めてしまいましたがぐっすりと眠ってしまいます。(昼寝)

 

 

第3チャクラ

当日は、視界が明るくはっきりしテンションが上がりまくりでした。

翌日は下がり落ち着きました。

また、イライラし身の置き所がない感じでしたが、体を動かしたことで解消しました。

 

さいころ、母と妹を守らなければと思っていて、結婚したのちは夫と子どもたちを自分が盾になってまもるのだと何故か思いこんでいたのを思い出しました。

それらは、自分の思い込みに過ぎないと気付き、

また自分の中の不安からくるものだったりして、ずいぶん幼いころからあるのだなと気付いた次第です。

数年前からそれを手離そうとしていましたが、さらに今、手放すということを決めました。

肩をはって力が入っていた人間関係が、こんなにも楽になるのだと気付きました。

 

 

第4チャクラ

セッション中、

3チャクラのときは、どっしりぽい質量を感じたのに対し第4チャクラは、軽い感じでぐるぐる回っている感じがしました。

空間がある感じ、スースーと回りながら入っていく感じ。

途中から濃い緑色のエネルギーに満ちた葉っぱ(植物)みたいなので埋まっていく感じがしていました。

その頃から、白い光が見えて段々眩しく感じられ(電気点いていたっけかなぁ~?! と思いながら)どんどん眩しさが増していました。

身体の充実感とオーラフィールドが浄化されて広がった感と、自分の周りにあったグレーというか黒っぽいものが消えた感じで明るくなった感じがします。

 

帰宅時は、身体の中心線がさらに整った感じがしてふらつく事もなく、しっかりグランディングして地に足が着いて歩ける心地よさを体感しつつ、視界が開け、まわりの世界の明るさを感じながら(暑さでほぼ溶けているな身体!と思いながら)帰宅しました。

軽く食事をしたら、急に睡魔がきたので我慢せず眠りました。

 

翌日は、左側の肩甲骨が痛み呼吸の度にズキンズキンとしていました。

頭の中が煮えている感があり(セッション後の夜に携帯で長電話のためかも)落ち着かない感じがしてました。

しかし、友達との久しぶりのコミニュニケーションだったので、楽しく充実してまた生き方を考える出来事でした。

自身と自身の内側にどうも何か引っ掛かりを感じで仕方ないのですが、それが何か課題です。

 

さらに数日後にいただいたメール

ひとつの人間関係を終わらせる事により空間が広がった分、そこには自分では知らなかった気付かなかった新たなものが入り込んでくる喜びというものがあります。

 

数年前から放置していた案件にこちらからコミニュニコーションをとることにより、いっきにメスが入り、動きだした。見て見ぬふりして避けていた自身だったがコミュニケーションをとってみるとどうということはなく、自身の内面の不安や恐れや思い込みでできなかったのだ。

 

薄皮のように剥がれていくが、それらがどれほど重なっているのか……。

自身の行動を制限しているもの……道は遠い。

以上、そんな感じです。

 

 

第5チャクラ

キレーション中は起きていたのですが、5チャクラのヒーリングに入ったとたん眠ってしまいました。

寝ちゃってるなぁ~と思いながらも抗えず眠りこけました。

数年前に喉に詰まっていた針の束がゴソッと抜けた夢をみたことを思い出したりしました。

すっかり眠り、自分が受けていることも忘れていて目覚めて、喉あたりから肩周辺が軽くなっていました。

 

帰宅の車中では、見え方が明るくハッキリではなく優しく柔らかくすっきり見えるといった感じでした。

喉が楽になり何かが通った感じで、又肩周りのズシンとした重みがとれてとても軽くなりました。

喉、肩の軽さと心地よさに反し、

靴があっていなかったためか、足が地面に張り付いている感じで足取り重くの帰宅となりました。(上半身軽く下半身重い)

 

2日目

朝方の夢が印象的でした。

起きた時に疲労感があり、

一日中エネルギーがぐるぐるしていて、身の置き所がなく落ち着かない感じでした。

座骨神経が痛み、3日めまで痛みがあり腰に違和感がありました。

 

さらに数日後にいただいたメール

腰は、左側に少し違和感が残っています。

意外なことがギリギリで起きて、今後どうしていきたいか再考する時期にきたかなと思いました。

腰の違和感は多少残っているものの、からだの中心線がしっかりとし、歩くさいも地に足が着いている感覚があります。

自分が体にいるという感覚が心地よいです。

 

自身でも変化はすごく感じていて、身体が動くようになったり、また夫との関係性が劇的に良い方向に変化してきている。

 

 

第6チャクラ

キレーションが始まってわりと直ぐにシフトしました。

6チャクラに沢山の線状の光が入ってくるのを感じました。

そのあとは意識がほとんど飛び、気付いた時に終わっていて今までとは違った感じのスッキリとした感じでした。

 

最寄り駅に着いてホームに降り立った時に、一瞬ここはどこだっけ?と?…

かなり脳が心配と不安になりました。

 

割りと静かに時が過ぎています。

昼間でも睡魔に勝てずチョコチョコ眠ってしまいます。

 

 

第7チャクラ統合

セッション後、翌朝に権力に関する印象的な夢をみた。夢の中で抵抗して暴れまわっていている自分がふっとあっ!そうかと思ったと同時に(大量の発汗)ハートチャクラに渦巻き状に奥に入ってくる感じがして、あ~そうだったのか5チャクラで受けとめるってこういうことなのかと思ったら目が覚めて解決したことがあった。

 

翌日は心身の置き場がなく、ぐるぐるエネルギーがまわっている感じがしていた。

 

更に翌日、

まだ夜が明けきらない暗さが残るころ、もう明るくなるよと言う鳥たちの囀ずりに窓をあけ風を入れた。

しばらく鳥たちの声に聞き入っているうちに気付いたことは、ずっと昔から耳にしていた囀ずりとその時々の自分の心の内側のことだ。

自身の思考のパターン、刷り込み、思い込みで、どれ程今この瞬間というものをみてきたのかということを今朝の鳥たちの囀ずりに教えてもらい、自身の被っていたベールが一枚剥がれたようだ。

スッキリとした感じ。

 

腰の違和感で、ぐったり、だらだらと(寝転がりながらの運動もして)過ごす。

本日内科に受診、血圧が□□と□□で医師も驚き血圧の薬は1段階下のに変更になりました。

段階的に作用の弱いのにかえていくとのことでした。

腰の違和感も大分落ち着いてきました。

気持ちが穏やかです。

 

********

 

(田中) 

 

遠隔セッションのフィードバック

panakeia.hatenablog.com

 

アルケミープラクティス詳細ページ

www.panakeia-h.com

統合エネルギー療法・ハンズオンヒーリング/体験談

f:id:hygieia:20200224120533j:plain
今回は、ヒーリングメニューの中の統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングを、私(宮代)が受け始めた当時に、自分の体や心で感じていたことなどを中心に書いていきたいと思います。


感じ方にはもちろん個人差がありますが、統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングにご興味のある方、受けてみたいけど...と考えられている方にとって、何らかの参考になれば幸いです。

*****

私が統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングを初めて受けたのは、約18年程前になります。

その時のニーズは

・日常生活における自分の在り方を変化させていくためのサポートが欲しい
*パナケイアHP上の「変化をするために必要なエネルギーの支え、後押しが欲しい」正にこれ!でした。

・いずれはやる側(プラクティショナー)になりたいと思っているので、まずは自分の心身で統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングを体験し味わいたい

でした。

心と体の健康状態は生命エネルギーフィールド(オーラフィールド)に反映されている
そのエネルギーフィールドに直接働きかけることで、心身の不調が良い方向へと改善されるサポートとなる療法
それが統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングですが、

自分がそれを受けた時にどう感じるんだろう、何かわかるのかな、見えるのかな、何も感じないのかななど、受ける前は色々なことが頭をよぎっていました。

でも、好奇心旺盛なほうなので、「どんな療法なんだろう?楽しみ😊」という気持ちが一番強かったように覚えています。



初めて受けた時の感想は、「体の奥の方に何かが響いている感じ」「気持ちがいい」「少しモゾモゾとする」でした。
そして、終わった後の体はややダル重くなりました。

疲労が溜まっていて、それを上手に解消できていない場合には、それがだるさや疲労感として表に出ることもあります」という説明をセッション前に聞いていたのと、

私自身がそれまでに様々な手技や療法を受けてきて、新しい角度・視点から体に手を入れてもらうこと&刺激を与えてもらうことは、それまで触れることをしていなかった、意識していなかった疲れや感情が浮上することもある、という自分なりの経験則があったので、

ダル重い体のしんどさはありましたが、
「あぁ、でもこれって何かにヒットしてるんだろうな」と感じていました。
動きのなかったところに動きが起きた、不活性だったところが活性化されたような感覚でした。



受け始めの頃、「できたら、セッションが終わった後の自分の顔を鏡で見てみてください」と言われたり、「セッション後は普段より多めに自分の時間をとってください」とアドバイス頂いていました。

当時の私は子育て真っ最中。帰宅をすれば自分の時間はかな~~~り意識をしないと取れない状況でしたので😥、セッションからの帰り道にちょこっと寄り道をしたり、ひと駅分をゆっくり歩いたりして(歩くの大好き!)、セッションで吸収したものの余韻を味わう時間としていたように思います。



「変わりたい自分へと在り方を変えていく」 私が当時ニーズとして持っていたこの想いは、イメージはあってもとても漠然としたものでした。

が、毎回毎回のセッションで、必要なエネルギーをチャージしてもらい、必要な心身のバランスをはかってもらいと、プラクティショナーにたっぷり、じっくりと向き合ってもらうことを重ね、心身がエネルギーで満たされるようになるにつれ、

「自分で思っている以上に周りの評価を気にしていたんだな、私」とか、

「あ、そうか...私、ほんとはこうしてみたかったのかも...」など、

いつの間にか自分の中のどこかに追いやってしまっていた気持ちに触れることができていきました。

それは私にとってはとても心地よく、同時に少しの切なさだったり、
「何でもっと早く気づけなかったんだろう」
という少しの後悔を感じさせる気づきでありました。


受け始めの頃にこうした経験をし、現在に至るまで心身に関する研鑽は続いています。

気持ちや心、メンタル面が優先で体を後回しにしがちだった私が、意識をして体に向き合い、体の声を聴くようになり始めた頃、「私が思っているより、遥かに遥かに体のリズムはゆっくりだ」と気づきました。(私がいかに頭ややりたいこと優先で体を酷使していたかが😣、この表現で伝わるかも知れませんね)

それは今でも忘れることなく残っていて、いい意味でのブレーキとなってくれることも多いです。

*****             

統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングを受けての体感や感想は、個人個人で違いますし、定期的に受けていても、その時の自分の状態、疲労具合、ストレス度、睡眠時間などによって毎回違ってきます。


自分の感じることを大切に、
今回のセッションではどんな風に感じたのか、
セッション後の
立った時の感じ、
歩いた時の感じ、
呼吸の感じ、
体は軽やかか重たいか、
自分の表情は?

などなど。

自分の心身の状態を観察することを意識していると、より能動的にセッションを受けることができ、自身のニーズを満たす上でのサポートにもなりますし、何よりセッションを楽しめることと思います。
(時にはしんどいこともあるかも..ですが(笑))


(宮代)





エネルギー療法院パナケイアでは、4種類のエネルギー療法を提供しています。

・今回私の体験を書いた
統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリング

・人間関係に特化したエネルギー療法の
関係性エネルギー療法

・エネルギーの出入り口であるチャクラに直接働きかけをする
アルケミープラクティス

・感情体・アストラル体を健康に衛生に保つためのサポートに
感情体・アストラル体のヒーリング


これらはいずれもクライアント1人に対し、プラクティショナー1人がヒーリングを行うマンツーマンのセッションです。

そして、これはパナケイアならではの特長ですが、統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングを、1対2(1人のクライアントに対し、2人のプラクティショナーが同時にヒーリングにあたります)で行うダブルヒーリングも提供しています。



ご予約やお問合わせはこちらからどうぞ。

www.panakeia-h.com