心と体、スピリットのエネルギー療法院 パナケイア

パナケイアで提供している4種類のエネルギー療法・ヒーリングのことなど…。2名のプラクティショナーが書いています。

アルケミープラクティス フィードバック 1

f:id:hygieia:20191002140305j:plain

アルケミープラクティス7回シリーズセッションを受けられた方のフィードバックをご紹介します。

アルケミープラクティスは、ヒーリング中や、セッション後の気づきや経験について、フィードバックをいただきながら進めていくセッションです。

クライアントの方から、シリーズ期間中にいただいた文章のプライバシーに関わる箇所を除いて、掲載させていただいています。

※一部、日付や名称などは、□□ に替えさせていただきました。

 

クライアントの方は、アルケミープラクティスを受ける以前に、複数回のヒーリングセッションを受けられ、また、ヒーリングのほかにも、ご自身の内面への取り組みをされています。

セッションを通しての気づきや経験は、個人的でとても大切なものですが、ブログへの掲載をご了承いただきましたことを感謝申し上げます。

 

********

 

クライアント A 様 ーーー対面セッション

 

第1チャクラ
キレーションで第6チャクラの時に、声!? が聞こえた。単語で3回。

今回は人が大勢のぞきこんでいるような感じがしました。

寝たり起きたりしていました。

すごくパワフルでした。

視界が明るくなりました。

 

最寄り駅から自宅までの道のりが遠く感じられ、帰宅したときにはヘロヘロな感じでした。

ぐっすり眠った感じで目をさましたらまだ一時で、そのあとはギンギンでしたがまたいつの間にか、眠っていました。

 

翌日は外せない用がありましたが、一日中ハイテンションでしたが夜はぐったりでした。

肩の痛みがとれたのと胃がスッキリとしています。

今まで気づかなかったことに気がついたりしています。

セッションから今日まで怒涛のように過ぎ去りました。

 

 

第2チャクラ

受けているときは、ほとんどイビキをかきながら眠っていました。

時々、フッと目が覚めますが一瞬だけでまた眠ってました。

ただただ心地よさに身を委ねていました。

委ねられている自分が嬉しいと思いながら。

 

帰りの車中では、目がはっきりと見えて世の中明るいなぁ~と思いながら、ひたすら心地よさを感じていました。

帰宅後は、今までは疲れて横になって眠っていましたが、今回は心身が軽くて清々しく気持ちよいです。

 

2日の朝方に印象的な夢をみました。

自身とは真逆な考え方の人からあたたかい気遣いをもらい、理解、歩み寄りを拒み忘れていた自身に気が付いた夢でした。

 

続き

日中、眠くて寝てばかりいます。

以前は緊張で直ぐに目が覚めてしまいましたがぐっすりと眠ってしまいます。(昼寝)

 

 

第3チャクラ

当日は、視界が明るくはっきりしテンションが上がりまくりでした。

翌日は下がり落ち着きました。

また、イライラし身の置き所がない感じでしたが、体を動かしたことで解消しました。

 

さいころ、母と妹を守らなければと思っていて、結婚したのちは夫と子どもたちを自分が盾になってまもるのだと何故か思いこんでいたのを思い出しました。

それらは、自分の思い込みに過ぎないと気付き、

また自分の中の不安からくるものだったりして、ずいぶん幼いころからあるのだなと気付いた次第です。

数年前からそれを手離そうとしていましたが、さらに今、手放すということを決めました。

肩をはって力が入っていた人間関係が、こんなにも楽になるのだと気付きました。

 

 

第4チャクラ

セッション中、

3チャクラのときは、どっしりぽい質量を感じたのに対し第4チャクラは、軽い感じでぐるぐる回っている感じがしました。

空間がある感じ、スースーと回りながら入っていく感じ。

途中から濃い緑色のエネルギーに満ちた葉っぱ(植物)みたいなので埋まっていく感じがしていました。

その頃から、白い光が見えて段々眩しく感じられ(電気点いていたっけかなぁ~?! と思いながら)どんどん眩しさが増していました。

身体の充実感とオーラフィールドが浄化されて広がった感と、自分の周りにあったグレーというか黒っぽいものが消えた感じで明るくなった感じがします。

 

帰宅時は、身体の中心線がさらに整った感じがしてふらつく事もなく、しっかりグランディングして地に足が着いて歩ける心地よさを体感しつつ、視界が開け、まわりの世界の明るさを感じながら(暑さでほぼ溶けているな身体!と思いながら)帰宅しました。

軽く食事をしたら、急に睡魔がきたので我慢せず眠りました。

 

翌日は、左側の肩甲骨が痛み呼吸の度にズキンズキンとしていました。

頭の中が煮えている感があり(セッション後の夜に携帯で長電話のためかも)落ち着かない感じがしてました。

しかし、友達との久しぶりのコミニュニケーションだったので、楽しく充実してまた生き方を考える出来事でした。

自身と自身の内側にどうも何か引っ掛かりを感じで仕方ないのですが、それが何か課題です。

 

さらに数日後にいただいたメール

ひとつの人間関係を終わらせる事により空間が広がった分、そこには自分では知らなかった気付かなかった新たなものが入り込んでくる喜びというものがあります。

 

数年前から放置していた案件にこちらからコミニュニコーションをとることにより、いっきにメスが入り、動きだした。見て見ぬふりして避けていた自身だったがコミュニケーションをとってみるとどうということはなく、自身の内面の不安や恐れや思い込みでできなかったのだ。

 

薄皮のように剥がれていくが、それらがどれほど重なっているのか……。

自身の行動を制限しているもの……道は遠い。

以上、そんな感じです。

 

 

第5チャクラ

キレーション中は起きていたのですが、5チャクラのヒーリングに入ったとたん眠ってしまいました。

寝ちゃってるなぁ~と思いながらも抗えず眠りこけました。

数年前に喉に詰まっていた針の束がゴソッと抜けた夢をみたことを思い出したりしました。

すっかり眠り、自分が受けていることも忘れていて目覚めて、喉あたりから肩周辺が軽くなっていました。

 

帰宅の車中では、見え方が明るくハッキリではなく優しく柔らかくすっきり見えるといった感じでした。

喉が楽になり何かが通った感じで、又肩周りのズシンとした重みがとれてとても軽くなりました。

喉、肩の軽さと心地よさに反し、

靴があっていなかったためか、足が地面に張り付いている感じで足取り重くの帰宅となりました。(上半身軽く下半身重い)

 

2日目

朝方の夢が印象的でした。

起きた時に疲労感があり、

一日中エネルギーがぐるぐるしていて、身の置き所がなく落ち着かない感じでした。

座骨神経が痛み、3日めまで痛みがあり腰に違和感がありました。

 

さらに数日後にいただいたメール

腰は、左側に少し違和感が残っています。

意外なことがギリギリで起きて、今後どうしていきたいか再考する時期にきたかなと思いました。

腰の違和感は多少残っているものの、からだの中心線がしっかりとし、歩くさいも地に足が着いている感覚があります。

自分が体にいるという感覚が心地よいです。

 

自身でも変化はすごく感じていて、身体が動くようになったり、また夫との関係性が劇的に良い方向に変化してきている。

 

 

第6チャクラ

キレーションが始まってわりと直ぐにシフトしました。

6チャクラに沢山の線状の光が入ってくるのを感じました。

そのあとは意識がほとんど飛び、気付いた時に終わっていて今までとは違った感じのスッキリとした感じでした。

 

最寄り駅に着いてホームに降り立った時に、一瞬ここはどこだっけ?と?…

かなり脳が心配と不安になりました。

 

割りと静かに時が過ぎています。

昼間でも睡魔に勝てずチョコチョコ眠ってしまいます。

 

 

第7チャクラ統合

セッション後、翌朝に権力に関する印象的な夢をみた。夢の中で抵抗して暴れまわっていている自分がふっとあっ!そうかと思ったと同時に(大量の発汗)ハートチャクラに渦巻き状に奥に入ってくる感じがして、あ~そうだったのか5チャクラで受けとめるってこういうことなのかと思ったら目が覚めて解決したことがあった。

 

翌日は心身の置き場がなく、ぐるぐるエネルギーがまわっている感じがしていた。

 

更に翌日、

まだ夜が明けきらない暗さが残るころ、もう明るくなるよと言う鳥たちの囀ずりに窓をあけ風を入れた。

しばらく鳥たちの声に聞き入っているうちに気付いたことは、ずっと昔から耳にしていた囀ずりとその時々の自分の心の内側のことだ。

自身の思考のパターン、刷り込み、思い込みで、どれ程今この瞬間というものをみてきたのかということを今朝の鳥たちの囀ずりに教えてもらい、自身の被っていたベールが一枚剥がれたようだ。

スッキリとした感じ。

 

腰の違和感で、ぐったり、だらだらと(寝転がりながらの運動もして)過ごす。

本日内科に受診、血圧が□□と□□で医師も驚き血圧の薬は1段階下のに変更になりました。

段階的に作用の弱いのにかえていくとのことでした。

腰の違和感も大分落ち着いてきました。

気持ちが穏やかです。

 

********

 

(田中) 

 

遠隔セッションのフィードバック

panakeia.hatenablog.com

 

アルケミープラクティス詳細ページ

www.panakeia-h.com