心と体 スピリットのエネルギー療法院 パナケイア

エネルギー療法・ヒーリングのことなど…2名のプラクティショナーが書いています。

MRI 検査後のハンズオンヒーリング

f:id:hygieia:20200224120552j:plain

昨年のことですが、脚を痛めた時に MRI 検査を受けました。その時の検査の様子と、検査後の体の状態・水素吸入によるケアのことなどは、ヒュゲイアのブログ「MRI 体験と水素吸入」に書いています。

こちらのブログでは、その後に受けたハンズオンヒーリングについて書きたいと思います。

 

MRI 検査後は早々に帰宅して、すぐにシャワーを浴び、水素吸入をして軽い仮眠をとるなどのケアをおこなったので、検査直後のぐったりした状態からはだいぶ戻すことができました。

けれども何となく、まだ体のどこかに影響が残っている感覚があり、体に症状として現れていたわけではありませんが、さらにケアが必要と感じ、翌日、プラクティショナーの宮代からハンズオンヒーリングを受けることにしました。

ハンズオンヒーリングは、オーラフィールド(生命エネルギーフィールド)を通して、体(心身)に働きかける療法ですが、オーラフィールドには、体に症状として現れるより先に、バランスの乱れとして現れますので、オーラフィールドのバランスを整えることで、未然の段階の体に働きかけることができます。

 

以下は、ヒーリングを受けている時と、受けた直後に感じたことと変化です。

ヒーリングが始まりしばらくして、脚の鈍痛が和らいでいくのを感じました。

その後、今までに感じたことのない電気的なものを全身に感じました。

電気的なものは、これまで受けたヒーリングでも感じたことはあるのですが、それとは異なる類いの感覚だったので、MRI 検査で受けたものかもしれないと思いました。

しばらくすると、その感覚はなくなりました。

患部の脚は同じ体勢でいると固まってしまい、脚を動かすのに時間がかかっていたのですが、ヒーリング後にはその動作がスムースになり、痛みもだいぶ和らいでいました。

そして終わった時には、全身のオーラフィールドがきれいにクリアになったことを感じました。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私たちは体をケアするサポートとして、またヒーリング技術の確認のために、ヒーリングの交換をしているのですが、その際に検証を兼ねて、エネルギーの状態を伝え合うことがあります。

今回のヒーリングでは、受けた私は、「今までに感じたことのない類いの電気的なもの」を感じ、ヒーリングをおこなった宮代も、「今までにないエネルギーの状態を感じた」ということでした。

ヒーリングを受けた側と、おこなった側の双方が、MRI 検査後という普段とは違う体の状態のヒーリングで、「今までとは異なるものを感じた」ことは興味深いことと思いましたので、一つの例として、ヒーリングをおこなった宮代が感じたことも記載します。

※通常のセッションでは、プラクティショナー側が感じたクライアントの方のエネルギー状態などをお伝えすることはありません。

 

ヒーリングをおこなった宮代の感想。

ヒーリングのスタート時には、オーラフィールドから全身の状態を確認させていただきますが、今回の田中の状態は、珍しく緊張状態が強いような、硬さがほぐれていないような印象を受けました。

ヒーリングを終え、再度確認した際には、田中が本来持っているしなやかな状態が戻ってきていることを感じ取ることができました。

キレーションを行っている間、右足から左足に移った際、キーーーーーーンというやや高いそして強い音が、しばらくの間ずっと背後で聞こえていました。

これまでの田中との交換ヒーリングなどでは経験したことのない音でしたので、一瞬「なんだろう?」と思ったのですが、瞬時にMRIを受けていたことを思い出しました。

また同時に、ヒーリングをしているこちら側のグラウンディング力を高める必要性も感じたので、意識をしてグラウンディング力を更に高めて、キレーションを続けました。

*ここで言うグラウンディング力とは.....

クライアントの体にとって癒しとなるような、肉体を支えるのに必要なエネルギーをラクティショナーが大地から吸収する力を指しています。

この大地から吸収したエネルギーを、ヒーリングを通してプラクティショナー⇒クライアントに送り届けています。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

キレーションとは、オーラフィールド(生命エネルギーフィールド)を充電したり、きれいにする手法で、オーラのバランスをとることが目的です。ハンズオンヒーリングは、キレーションをベースに全身のエネルギーのバランスを整え、さらに状態にあわせて特定の箇所に作業をおこないます。

今回の検査で脚は炎症と診断され、その補完的なケアのサポートととして、その後にも集中して数回のハンズオンヒーリングを受けました。

脚の炎症と、痛みからくる疲労MRI 検査のストレスで、基本的なエネルギーが落ちていた体に、ヒーリングで必要なエネルギーが充分に補給されて、脚の不調も速やかに回復に向かうことができました。

体の不調時には早めに、なるべく間隔を詰めて複数回のハンズオンヒーリングを受けることが、エネルギーレベルを上げるサポートになります。

(田中)

 

www.panakeia-h.com